血圧を下げるための食事選びは重要|身体が喜ぶ美味しいご飯

お年寄り

食べ物にご用心

食事

食べ物や生活習慣が大切

血圧は私達人間の健康を測る大切なバロメーターです。これの高低によっては、生活習慣病に始まり糖尿病や脳梗塞などの重大な疾患の引き金になってしまうからです。特に健康診断などで高血圧と判断された場合、速やかに血圧を正常値に戻す努力が必要です。そこで最も行いやすく、人気が高い対策が食事です。もちろん、規則正しい生活や適度な運動は必要です。しかし、今までの生活からいっぺんに変えようとすると負担やストレスが溜まり、一気に爆発してしまう恐れがあります。そこでまずは食事の内容から見直し、徐々に血圧を下げるようにすることがおすすめなのです。しかし、食事の内容において見直すべきポイントとはどんなことなのでしょうか。

食生活見直しのポイント

血圧を下げるために食生活で見直すべきポインとは摂取する食べ物です。実は高血圧の予防や改善に役立つ食べ物は身近にあります。大切なのはその食べ物を覚えて、毎日の食事に取り入れることです。まず一つ目はたんぱく質を多く含む食べ物です。特に効果的なのはDHAとEPAを含むものです。これらの成分は血管壁を柔らかくする働きがあるので血流をスムーズにし血圧を正常に戻します。具体的には豆製品、卵、魚、牛乳が挙げられます。二つ目は植物性の栄養成分をもつ食べ物です。具体的にはポリフェノールと呼ばれる成分であり、細胞を老化させてしまう活性酸素の働きを鈍くする効果があります。ナスやブルーベリー、トマトやにんじんに含まれているので積極的に摂取することをおすすめします。最後はカリウムが含まれる食べ物です。カリウムは人体の中で余分な水分や塩分を排出する働きがあるため、血圧を下げるためには必要不可欠な成分です。リンゴやバナナ、アボカドやホウレンソウに多く含まれています。以上の食べ物を積極的に取り入れて血圧を下げる食生活を送り、健康な毎日を手に入れましょう。