血圧を下げるための食事選びは重要|身体が喜ぶ美味しいご飯

看護師と患者

サブメニュー

塩分を控えた料理を作る

介護

血圧が高いときには、塩分を控えた方が良いです。最近では、食事療法をしている人の料理を、自宅まで運んでくれるサービスもあります。塩分を控えた食事を食べるようにすることで、血圧を下げることになります。塩分を控えることは高血圧を予防することにもなりますので、多くの人が利用しています。

詳しく見る

改善・予防のための病食

男女

高血圧の方は、予防と改善として基本は「減塩」です。最初は物足りなく感じることもありますが、濃い出汁を使ったりお酢や柑橘類・スパイスで味にバリエーションを付けることで、毎日の食事から血圧を下げることが出来るのです。

詳しく見る

食べ物にご用心

食事

高血圧は重大な疾患を引きおこすリスクがあるため、速やかに対策を取ることが必要です。血圧を下げるためには食事を見直すことが最も行いやすくおすすめです。普段の食事に血圧を下げる働きのある食べ物を積極的に取り入れ、健康な毎日を過ごしましょう。

詳しく見る

生活習慣病の予防策

介護

重複すると危険な症状

生活習慣病の中でも比較的よく知られている高血圧、慢性的にその状態が続くことによって心筋梗塞や狭心症、脳梗塞など重大な病気を引き起こす可能性があります。さらに、生活習慣病において注意が必要なのは、高血圧の他にも糖尿病や肥満などの症状が併発することで重大な病気を発症するリスクがさらに高まるという点です。もちろん、高血圧単体でも十分に注意しなければいけない症状なのですが、こうした症状に身に覚えのある人は早め早めに対処していくことが大切です。こうした高血圧を改善するためには食事に気を遣っていくのがベストです。血圧を下げるために塩分を控えた食事を心がけるのはもちろんですが、肥満や糖尿病に備えてカロリー制限、脂質の制限をプラスすることも大切です。

栄養バランスの管理

とはいえ、あまりに塩分を減らしすぎたり、さらにはカロリー、脂質を制限しすぎると食事はどうしても味気ないものになってしまいます。血圧を下げることはもちろん第一の目的ではあるのですが、必要に応じて減塩調味料、出汁の活用によって味を損なわない工夫も大切です。食事はおいしく、さらには楽しみながら食べることによってはじめてその効果を発揮していくものです。栄養バランスを整えつつ、味にも気を遣っていく、外食では出来ないこうした対策が血圧を下げる、さらには生活習慣病を予防するためには欠かせません。自分だけでの食事管理が厳しい場合には、血圧を下げる患者向けの病食を購入するという手段もあります。管理栄養士が細かに計算した食事であれば、手間をかけずに食事を楽しめます。